2017年04月08日

クレオパトラの涙

4月8日(土)くもり時折小雨 旧暦弥生十二日 正午の月齢11.0

さて今宵、1月に引き続き祖師ヶ谷大蔵のギャラリーカフェ・ジョルジュにて、
声優東優夏さん主演の「ワインとお話の芳醇な時間〜『クレオパトラの涙』」というイベントに参加して参りました。

上記「クレオパトラの涙」というグルジアワインをテーマに書き下ろされた脚本を、例により東さん(写真掲載許可済み)が七色の声色で演じ分ける独り舞台。

IMG_4159.JPG

IMG_4166.JPG

うだつの上がらない40男とその母親、そしてクレオパトラを見事に演じ分ける絶妙の声演に、今宵も魅了されまくり。
中でも泣き声の演技がひときわ素晴らしく、
今後東さんのウソ泣きにはよくよく気をつけねばならぬと、深く悟った夜でした(笑)

ちなみにワインは、都合3種類を賞味。
1杯目のグルジアワイン・赤は、甘く柔らかな味。

IMG_4155.jpg

2杯目はキプロス・アフロディーテの白。一口飲んだあと、「大海原の水」という妙な感想が浮かびました。
別に塩辛いわけでもなく、またワインなので塩味を施してるわけでもないと思うのですが、何となく「海の水」のような、妙な連想が浮かんでしまった次第。
この2杯目はケークサレ(塩ケーキともいわれる、パウンドケーキ)のセットと共に頂きました。ケークサレは口に含むとずっしり感があり、甘みは微か、ほんのりソルティ。素朴で滋味深き味わいでした。

IMG_4158.jpg

そして3杯目は、写真で東さんが抱えてるボトルの、1杯目とは別のグルジア赤ワイン(これが「クレオパトラの涙」だったかな)。甘みを抑え、爽やかな渋みの余韻がスーッと尾を曳くように残ります。このワインが、今宵一番気に入りました。

IMG_4173.JPG

IMG_4174.jpg

なお帰り際には東さんが「お土産」として、先ほどの泣き声に加え、酉年に因み鶏の「ロドリゲス」の鳴き声を披露。多芸多才な東さんの力で、いろいろ多彩に楽しめた一夜となりました。



posted by 弘松勘八(ひろまつかんぱち) at 22:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: