2017年04月22日

リュートと午後の紅茶

4月22日(土)くもり、夜に入り雨 旧暦弥生二十六日 正午の月齢25.0

本日は、最近よく出かける祖師谷の「ギャラリーカフェ・ジョルジュ」でリュートのコンサートがある、しかもそのリュートを間近で拝見できると言うので、いそいそと足を運んで参りました。

IMG_4208.JPG

IMG_4212.JPG

前回4月8日の催しは、声優東優夏さんとグルジアワインのコラボでしたが、
今回はリュートと紅茶とお菓子による、午後のお茶会コンサート。また壁にはイスラエルのアーティストによる猫絵が展示されておりました。

IMG_4221.JPG

IMG_4230.JPG

紅茶はダージリンを皮切りにフレーバーティーも各種取りそろえ、会場には終始柔らかな香りが漂い続けます。またサンドイッチとクッキーも各種。焼きたてのスコーンは2つに割って、白いクロテッドクリームといちごジャムをそれぞれに塗って頂きました。

IMG_4224.JPG

IMG_4226.JPG

さてリュートというのは、知る人ぞ知るイギリスの古楽器。ピアノの古いものとしてチェンバロがあるように、クラシックギターの古いものとしてリュートがあると言ったら、イメージし易いでしょうか。

IMG_4213.JPG

IMG_4215.JPG

で本日の演奏家・横山沙由子さんは、屈託のない笑顔が印象的な、おでこの広いお茶目系の女性。その横山さんのご説明によりますと、もともとはアラビアのウードという楽器が英国に伝わってリュートになったのだそう。
そしてウードはまたアジアにも伝わって琵琶となり、日本にももたらされたとのことです。確かに琵琶の形によく似ていますね。

(左がリュート、右はオルファリオン)
IMG_4210.JPG

なお今日はリュートの他、それとよく似たオルファリオンという古楽器の演奏も披露されました。リュートの弦は羊の腸を結ったもの、それに対しオルファリオンは金属弦とのことで、どこかチェンバロに似たような音色の楽器でした。

(左がオルファリオン、右がリュートと演奏家横山さん)
IMG_4228.JPG

曲は「Come Again」「Greensleeves」などの著名な曲から初めて聴く曲まで、演奏と歌唱とで多彩に聴かせてくれました。一部横山さんの元同級生というピアニストの飛び入り演奏もあり、また会場のみんなでコーラス参加もありと、いろいろ楽しめました。

IMG_4216.JPG

リュートという楽器はあまり音量は出ないため、大きなホールでのコンサートには向かないのですが、こんな小さなお茶会コンサートにはピッタリ。横山さんも、力込めず肩肘張らず、リラックスして弾けるところが好きと、仰っておいででした。

(猫クッキー)
IMG_4217.JPG

そんなリュートに生まれて初めて手で触ることもでき、いい感じの歌と演奏と、紅茶とお菓子と猫絵とで、ホクホク暖かな昼下がりのひとときを、過ごして参りました。

posted by 弘松勘八(ひろまつかんぱち) at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

クレオパトラの涙

4月8日(土)くもり時折小雨 旧暦弥生十二日 正午の月齢11.0

さて今宵、1月に引き続き祖師ヶ谷大蔵のギャラリーカフェ・ジョルジュにて、
声優東優夏さん主演の「ワインとお話の芳醇な時間〜『クレオパトラの涙』」というイベントに参加して参りました。

上記「クレオパトラの涙」というグルジアワインをテーマに書き下ろされた脚本を、例により東さん(写真掲載許可済み)が七色の声色で演じ分ける独り舞台。

IMG_4159.JPG

IMG_4166.JPG

うだつの上がらない40男とその母親、そしてクレオパトラを見事に演じ分ける絶妙の声演に、今宵も魅了されまくり。
中でも泣き声の演技がひときわ素晴らしく、
今後東さんのウソ泣きにはよくよく気をつけねばならぬと、深く悟った夜でした(笑)

ちなみにワインは、都合3種類を賞味。
1杯目のグルジアワイン・赤は、甘く柔らかな味。

IMG_4155.jpg

2杯目はキプロス・アフロディーテの白。一口飲んだあと、「大海原の水」という妙な感想が浮かびました。
別に塩辛いわけでもなく、またワインなので塩味を施してるわけでもないと思うのですが、何となく「海の水」のような、妙な連想が浮かんでしまった次第。
この2杯目はケークサレ(塩ケーキともいわれる、パウンドケーキ)のセットと共に頂きました。ケークサレは口に含むとずっしり感があり、甘みは微か、ほんのりソルティ。素朴で滋味深き味わいでした。

IMG_4158.jpg

そして3杯目は、写真で東さんが抱えてるボトルの、1杯目とは別のグルジア赤ワイン(これが「クレオパトラの涙」だったかな)。甘みを抑え、爽やかな渋みの余韻がスーッと尾を曳くように残ります。このワインが、今宵一番気に入りました。

IMG_4173.JPG

IMG_4174.jpg

なお帰り際には東さんが「お土産」として、先ほどの泣き声に加え、酉年に因み鶏の「ロドリゲス」の鳴き声を披露。多芸多才な東さんの力で、いろいろ多彩に楽しめた一夜となりました。



posted by 弘松勘八(ひろまつかんぱち) at 22:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おいらん道中と銭形平次

4月8日(土)くもり時折小雨 旧暦弥生十二日 正午の月齢11.0

吉原おいらん道中。
先頭陣の歌う木遣唄がなかなかイケでました。

IMG_3232.JPG

IMG_3237.JPG

なおどう見ても太夫より、前を行く禿の方が、目立ってましたね。

IMG_3248.JPG

IMG_3250.JPG

IMG_3256.JPG


それから小田急デパ地下で、神田明神下「みやび」の「平次弁当」をゲット。
銭形平次のシンボル・寛永通宝がトレードマークです。

IMG_4139.JPG

IMG_4151.JPG

これも正直、かなりイケてます。まず酢飯が美味しい。
そしておかずの一品一品の味付けがとても丁寧で、安心して頂けます。
これなら「みやび」の他の弁当も、きっと満足のいく味だろうと思います。


posted by 弘松勘八(ひろまつかんぱち) at 17:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

旧友と春恒例のお花見会

4月2日(日)晴れ 旧暦弥生七日 正午の月齢6.0

このところ雨模様の寒い日が続きましたが、
久々に晴れ空となり、気温もやや持ち直したこの日は、
春恒例、友人宅にお邪魔してのお花見会でした。
今年は同窓生の学位祝いも兼ね、例年にも増して多数のご参加。
大いに盛り上がり、実に楽しいひとときを過ごして参りました。

IMG_3977.JPG

IMG_3973.JPG

IMG_3980.JPG

IMG_3986.JPG

IMG_3993.JPG

IMG_4060.JPG


posted by 弘松勘八(ひろまつかんぱち) at 23:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする